→だれにもバレずに安心!安全なおもちゃ購入方法←

「吸うやつ」とは?他バイブとの性能比較やレポ&口コミ評価・レビュー紹介

「吸うやつ」とは?他バイブとの性能比較やレポ&口コミ評価・レビュー紹介の記事サムネ画像バイブ
バイブ

Twitterで今話題の「#吸うやつ」について、その基本性能・スペック特徴他の吸引バイブとの性能比較調査やユーザーからのレポや口コミ&レビュー評価などについてまとめてみました。

「#例のバイブ」シリーズはこちらでも紹介中
「例のバイブ」とは?
「新・例のバイブ」とは?

Twitter上でインフルエンサーのいく夫氏が広めた「#例のバイブ」シリーズから、新たに追加された話題の新作「#吸うやつ」。

どんなメリットデメリットがあるのか気になる方は、ぜひ最後までお付き合いください!

※他の「#吸うやつ」シリーズはこちらでも紹介中
マイメアリープラスの特徴&メリットや口コミ

「吸うやつ」とは?

#吸うやつ」とは、twitterで話題となった「#例のバイブ」シリーズの3作目となる吸引バイブタイプのアダルトグッズです。

最近では「#エビチリ」という愛称でも親しまれているようです。

「#吸うやつ」こと「YAMIEE ToycodTara」の商品画像
「#吸うやつ」こと「YAMIEE ToycodTara」

実は「#例のバイブ」シリーズはそれぞれブランドが異なる商品となっていまして、「#吸うやつ」はアダルトグッズブランドの「YAMIEE」から販売されており、「ToycodTara」という正式名称(商品名称)があります。

主にAmazonで販売されており、twitterを中心にたくさんのユーザーから使用レポや口コミ評価などが投稿され話題となっています。

それにしてもエビチリとは・・・うまいこと言いましたねw

吸うやつ「YAMIEE ToycodTara」の基本性能や特徴

では”吸うやつ”こと「YAMIEE ToycodTara」について、そのスペックや基本性能、特徴などを詳しくご紹介していきます。

「#吸うやつ」こと「YAMIEE ToycodTara」の商品使い方説明画像
「#吸うやつ」こと「YAMIEE ToycodTara」使用イメージ

くの字に折れ曲がった特徴的なデザインの本機は、大人気バイブ「Womanizer(ウーマナイザー)」シリーズなどに代表されるような”吸引バイブ“のジャンルに属するバイブです。

クリトリスを強力な吸引力で吸い上げ、外イキには絶好の性的快感を与えてくれます。

基本性能・スペックと機能

気になる基本性能を一覧にしてみました。

基本性能・スペック一覧

  • 【本体基本情報】
  • 本体全長:16cm
  • ヘッド直径:Φ3.5cm
  • 挿入部:約10cm
  • 【振動】
  • 強弱切替:なし
  • パターン:10種類
  • 吸引:3種類
  • 【機能】
  • スマート加熱機能
  • 生活防水
  • 静音設計
  • 吸引&振動同時
  • 【稼働時間/充電】
  • USB充電式
  • 充電約2時間

機能性と特徴

吸引バイブとして10種類の振動パターンと3種類の吸引パターン、さらに加熱機能も備えた多機能な商品です。

挿入部はさほど長くはないですが、吸引と振動を同時に楽しめるという独特の形状をしています。

パワフルな動きですが静音性能もしっかりとしており、スタイリッシュなデザインとコンパクトなサイズ感で使い勝手の幅が広いアイテムとなっております。
持ち運びにも便利ですね。

AmazonやTwitterのレポ・レビュー&口コミ評価まとめ

使っている人達がどう感じているのかも気になると思いますので、Amazonやtwitterで実際に購入して使用したユーザーの方たちが寄せたレビューコメントおよび口コミ評価をまとめてみました。
※内容が多いため一部抜粋、および過激な表現を一部修正して掲載しております。

  • 使用感について、振動だけだとまぁ耐えられるといった感じでしたが、吸引を同時に使うと十数秒で快感に耐えられなくなり、もう無理!止めて!抜いて!と泣き叫んでしまいました(笑)

  • 充電がちょっとわかりにくいかもしれません。ぐっと押し込む感じで差します。
    少し太くて私には入れるのがちょっとキツいので、先に慣らしてからでないと痛いかもしれません。
    説明書でもローションの使用を勧めてます。
    ただ太い分、全然抜けないので手で支える必要はありません。

  • 吸引力が強すぎるかなと思いましたが、ちゃんと濡らしてあげれば大丈夫で、ガクガクしちゃいました。。堪らなくて何度もしちゃってます。 もし本体を曲げたりできれば、挿入なしで吸引だけも出来たのでその点だけ気になるかなー。

  • 吸引も凄いのですが、なんと言っても一度挿入すると落ちてこないし勝手に抜けない。
    形も大きすぎず、中にフィットしている感じ。
    触り心地もツルツルしてて気持ちいい。

  • 吸うやつのレポを見るたび、家にあるのに使ってないなあって思う
    わたしには刺激が強すぎるんだよなあ
    端的に言うと死ぬ
    あの快感を耐えぬけばその先に何かがあるんだろうけど、2秒で死ぬ無理。クリトリスとれる。

  • 直撃だと刺激が強すぎてすぐイクけどすぐ苦しいになってしまう。
    でも少しズレてると自分でもする時くらいのじんわり気持ちいが増えていってイきそう、ってなるような気持ちよさ、といった感じです。

  • 私が中で感じにくいタイプなので早々に吸う方のスイッチオン。
    最初は位置が合ってなかったのかん〜?って感じでしたが、そのすぐ後には「ぉっ…おっ..おっ….あああああ!!!!!!」という感じで初めてイキそう!って思いました。
    あまりにも快感が強くて怖くなりイく前に無理矢理引き抜いたんですけど、膣の形にフィットしすぎてなかなか抜けません。

参照:Twitter/Amazon

  • 全体的にバイブ部分よりも吸引機能への関心が圧倒的に多い。

  • 秒でイク・満足できた!という意見の大半は、クリトリスへの強力な吸引刺激を評価したもの。
    なので挿入しないとクリ吸引が使えないところに不満を感じている意見も多い。

  • イケないという意見で多く見られたのは、吸引刺激が強すぎて痛い、もしくは膣内刺激に満足できていないケース。

  • 先端のサイズは少し大きめなので、初心者の方や膣入口が小さい方はにはちょっと痛いかも。
    ローション推奨。
    膣内に挿入したら簡単には抜けないので、手放しオナニーが可能。

  • 静音機能ありだが、実際のところそこそこ音は大きい。

  • 否定的な意見で見られたのは故障や充電不良、カビ問題など。
    カビについては実際にはゴムの劣化による白化によるもので、カビではないためご安心を。

「吸うやつ」と他のバイブとの性能比較調査

吸うやつ」と他のバイブ商品との性能比較調査も行ってみました!

twitterで話題になっているのはわかったけど、実際のところ他のバイブと比べて性能はどうなのか?

とくに購入を検討していて、そこが気になっている方は多いかと思います。

比較対象は同じく吸引バイブカテゴリに属する商品で、ラブトリップ通販や他の通販サイトでも人気上位の吸引バイブのみに絞り、中でもとくにオススメな「ウーマナイザー(Womanizer)リバティ」と「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」です。

twitterではどちらを買おうか迷っているとの意見も見られましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

※商品の詳細についてはこちらからどうぞ
→「 ウーマナイザー(Womanizer)リバティ
→「 ウーマナイザー(Womanizer)デュオ

性能比較一覧表

3商品を比べて見やすい比較一覧表にしました。各アイテムのスペックを詳細までご覧ください。

【吸うやつと他バイブの比較一覧表】
評価項目 吸うやつ
(YAMIEE ToycodTara)
※通称:エビチリ
ウーマナイザー
(Womanizer)
リバティ
ウーマナイザー
(Womanizer)
デュオ
商品画像
「#吸うやつ」こと「YAMIEE ToycodTara」の商品画像
吸うやつ
(YAMIEE ToycodTara)
※通称:エビチリ
ウーマナイザー(Womanizer) リバティの商品画像
ウーマナイザー
(Womanizer)
リバティ
ウーマナイザー(Womanizer) デュオの商品画像
ウーマナイザー
(Womanizer)
デュオ
本体全長 20.1cm 10.4cm 19.5cm
重量 168g 90g 264g
ヘッド直径 Φ3.2cm—– Φ3.4cm
振動/吸引強さ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
振動/強弱パターン 10種類(吸引3種類) 6段階 10種類✕12段階
防水機能
静音設計
バッテリー USB充電式
稼働?/充電2h
USB充電式
稼働2h/充電1h
USB充電式
稼働2h/充電2h
特徴 ・吸引&振動同時刺激
・スマート加熱機能 
・世界初の吸引バイブ
・6段階吸引刺激
・コンパクト&軽量ボディ
美顔器デザイン
・吸引&振動同時刺激
・タッチセンサー搭載
・挿入部折曲可能
ユーザー満足度 Amazon:★★★★☆(4.5) ラブトリ:★★★★☆(4.6) ラブトリ:★★★★☆(4.4)

【性能比較】項目ごとの詳細解説

3商品を比較した結果それぞれのメリットやデメリットについて、Amazon&twitterのレビュー口コミ評価比較一覧表からわかったことなどを元に解説します。

とくに、ご紹介しているアイテムで購入を検討して迷っている方には、かなり参考になるかと思います。

吸引/振動(バイブ)の強さ比較

  • 比較調査の詳細コメント

    吸引力・振動力(バイブ)の強さは、3商品とも前評判通りかなり強力です。
    即イキしたとか、慌てて思わずスイッチを切ったという理由もわかります。

    しかし、吸うやつのAmazonやtwitterのレポや口コミ・レビューコメントにもあった通り、強力すぎてとくに初心者の方や、あまり普段強めの刺激に慣れていない方には気持ちよさよりも痛みを感じてしまう傾向にあるようです。
    ウーマナイザーの方にあまりこういったコメントが見られないのは、吸引/振動のパターンではなく刺激強弱の段階調節機能が豊富だからだと思います。
    あまりおもちゃ慣れしていない方やアダルトグッズ初心者の方は、低刺激から強力刺激までより多く段階が調整できるアダルトグッズを選んだほうが良いかと思います。

  • 結果からのメリット&デメリット解説

    吸引/振動(バイブ)の強さに関してはどれを選んでも遜色なし。
    パワーを重視する方にはこれ以上ないメリット部分かなと思います。

    ただかなり刺激が強いため、感度が上がってイク前に痛みがくるというデメリットもあります。
    低刺激から始めたい人は6段階以上の強弱調節が可能なウーマナイザー(Womanizer)リバティウーマナイザー(Womanizer)デュオのほうが使い勝手が良くメリットが大きいかもしれません。

形状&デザイン比較

  • 比較調査の詳細コメント

    デザイン面では、親バレ&家族バレしないという観点から、「ウーマナイザー(Womanizer)リバティ」のクオリティに注目したいですね。
    どこからどうみてもアダルトグッズには見えない形状は、大半の人には美顔器にしか見えないでしょう。
    他2つの商品に関しては、どうしても挿入部のバイブがあるので、スタイリッシュなデザインですがアダルトグッズかどうかはわかってしまうと思います。

    また「吸うやつ」と「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」の挿入部(バイブ)に関してですが、直径が少し大きめです。
    吸引機能はバイブを挿入しないと使えないため、挿入が痛くてできなくて諦めたというコメントもありました。

  • 結果からのメリット&デメリット解説

    親バレ&家族バレなどが気になる方は、美顔器に擬態して全く目立たない「ウーマナイザー(Womanizer)リバティ」のデザインがメリットも高くおすすめ。
    ちなみに、充電器も専用の充電台がありまして、充電中はマウスに擬態できます笑。

    またデザイン面に関しては「吸うやつ」と「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」について挿入部の直径が大きすぎるという意見が多かったことは、物足りない人にとってはメリット、痛くて入らない人にとってはデメリットになり、個人差がありますね。

機能性比較

  • 比較調査の詳細コメント

    吸うやつ」の機能性として着目すべきはスマート加熱機能です。
    人間の体温に近い温度に自動的に加熱されるため、Amazonレビューやtwitterレポでもここを称賛する声が多く見られました。

    一方で、ウーマナイザーの2商品に関しては、吸引機能や振動機能の強弱段階調節と、パターンの豊富さに着目すべきでしょう。
    とくに「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」に関しては、10種類✕12段階というバリエーション豊富な設定になっているため、使い手の幅を選ばず初心者でも誰でも使い勝手が良い商品となっています。

  • 結果からのメリット&デメリット解説

    スマート加熱、振動強弱切替以外にも、充実している機能はたくさんあります。
    中でもとくにメリットが高い機能と感じたのが、「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」が持つタッチセンサー機能挿入部の可変可動の2つです。

    タッチセンサーは文字通り身体に触れたら動き、離れたら止まる機能。
    なので、スイッチをいじらずとも、クリトリスにくっつけたり離したりするだけで操作ができます
    オナニーの時、とくにイク前後は細かい操作なんてとてもできない(笑)ので、この自動操作は重宝すると思います。

    また、挿入部は折曲げて自由に動かせるため、膣内にもしっかりとフィットし、中イキも気持ちイイ位置からサポートしてくれます。

レポ&口コミ・ユーザーレビュー比較

  • 比較調査の詳細コメント

    Amazonやラブトリ、twitterのレポや口コミ&レビュー評価は3商品ともかなりの高評価。
    肯定する意見が大半で、満足できるとの声が多かったようです。

    一方で少数ながら満足できなかった部分はどこなのか?についてですが、挿入部(バイブ)が付いている「吸うやつ」と「ウーマナイザー(Womanizer)デュオ」は、双方とも太すぎて入らない・痛いという感想が多くありました。
    クリトリスに当たる吸引部はどうしてもバイブ部分を挿入しないと使えないため、そこに不満を感じる意見が多かったようです。

  • 結果からのメリット&デメリット解説

    レビューコメントの大半は機能性についてのメリットやデメリットに関することでした(スマート加熱機能や強力振動/吸引の素晴らしさ、タッチセンサーなど)。
    なお、デメリットとして出ていた部分で「バイブ太すぎ」問題がどうしても気になるという方は、性感帯ごとにそれぞれ別の専用グッズを使用しても良いかも知れません。
    ちなみに、私は個人的に別々のアイテムを各箇所に分けて使うことのほうが多いです。

    またAmazonレビューにおいて、不具合や充電不良、カビ問題などのコメントがごく少数ありましたが、カビについてはゴムの劣化による白化であることが判明しています。
    その他の不具合商品については、不良品を掴まされないためにも、転売等に十分に注意してください。

まとめ

今回は「#例のバイブ」「#新・例のバイブ」に引き続き、「#吸うやつ」について、その商品詳細や他バイブとの比較調査をご紹介いたしました。

なお、今回比較対象として紹介した「 ウーマナイザー(Womanizer)リバティ 」、「 ウーマナイザー(Womanizer)デュオ 」につきましては、 ラブトリップの公式通販サイト にて取り扱っております。
ぜひサイトへも、一度遊びに来て下さいね!

【ラブトリップ公式通販サイト】https://love-trip.jp

この記事を書いた人
ラブトリップブログ編集長

女性スタッフのみで運営する、女性のためのアダルトグッズ通販サイト「ラブトリップ」の公式ブログの編集担当です。
女性ならではの目線で厳選した本当にきもちいいグッズを紹介しています。

実体験のレビューを書くのは本当に恥ずかしい(汗)のですが、実際に使ってみた感想や、女の子だからこそ気になる部分も徹底的にチェックしてお届けしています!おすすめの使い方やお役立ち情報などを中心に更新していきますので、ぜひご覧ください。

ARISU YAMAGUCHIをフォローする
この情報をみんなに教えてあげよう!
ARISU YAMAGUCHIをフォローする
アダルトグッズ・大人のおもちゃ通販の「ラブトリップ」公式ブログ